トップページ ラジオ 歌謡ラジオ「午前0時の歌謡祭」 第61回放送 特集「船山基紀サウンドストーリー(前篇)」

第61回放送 特集「船山基紀サウンドストーリー(前篇)」

第61回放送 特集「船山基紀サウンドストーリー(前篇)」

<2020.11.15 OA>

オーガナイザー:濱口英樹(歌謡曲愛好家) 

11月は昨年10月に続き、編曲家の船山基紀さんをゲストにお迎えしました。前回の放送は大きな反響をいただき、ご好評にお応えして年末に再放送もいたしましたが、その後も「もっとお話を伺いたい」との要望が多数寄せられていたため、2度目のゲスト特集が実現した次第です。
その船山さんは12月16日に自身初の作品集『船山基紀サウンド・ストーリー 時代のイントロダクション』をリリース。同作品集にはCD4枚に46年のキャリアを代表する72曲が網羅されるほか、貴重な対談・インタビュー、楽曲解説が満載の100頁に及ぶブックレットも付属することが発表され、各方面で大きな話題を呼んでいます。
番組では事前に船山作品へのリクエストや、船山さんへの質問を募集。その結果、前回の倍以上のメールが寄せられたため、今回も2週にわたる特別編成とし、可能な限り多くのリクエストにお応えすることにいたしました。


『船山基紀 サウンド・ストーリー 時代のイントロダクション』
発売日:2020年12月16日
価格:10,000円(税別)
仕様:CD4枚組、 三方背BOX、 歌詞ブックレット38P、 解説ブック100P
特設ページ:https://www.110107.com/funayama/


01.「かもめが翔んだ日」渡辺真知子(1978)
作詞・作曲:渡辺真知子 編曲:船山基紀
羽田健太郎のピアノによる2小節の短いイントロとヴァースから一気に引き込まれる2ndシングル。彼女のデビュー時から多くの編曲を担当した船山さんは、そのキャッチーな作風から“ニューミュージック歌謡”ともいうべきアレンジを施し、連続ヒットに導きます。本作はオリコン3位をマークしたデビュー曲「迷い道」に続き、同5位ヒットを記録しました。

BGM.「Tahara Discoメドレー」田原俊彦(1981)
作詞:網倉一也ほか 作曲:網倉一也ほか 編曲:船山基紀
田原俊彦の初主演映画『グッドラックLOVE』(81年12月公開)のオリジナル・サウンドトラック盤に収録。「悲しみ2ヤング」~「恋=Do!」~「キミに決定!」~「ハッとして!Good」~「ブギ浮ぎI LOVE YOU」のヒットシングル5曲をディスコミュージックにアレンジしたメドレーです。12月16日発売の作品集には本作と「ハッとして!Good」の2曲の田原ソングが収録されるほか、ブックレットには船山さんと田原との対談が掲載されます。

02.「ヤング・ボーイ」河合奈保子(1980)
作詞:竜 真知子 作曲:水谷公生 編曲:船山基紀
船山さんが「抜きん出て歌が上手い人」と語る河合奈保子の2ndシングル。基本的に実力派歌手については、音数を抑えめにしてボーカルを立たせるアレンジを心がけるという船山さんですが、この時代のアイドル歌謡では「隙間を埋める」ことが鉄則で、彼女の楽曲でもそういうアレンジがなされています。オリコン最高13位。

BGM.「腕の中へ-In Search of Love-」Hideki Saijo & Barry Manilow(1985)
作詞:千家和也 作曲:佐瀬寿一 編曲:船山基紀
日本語詞:吉田美奈子 作曲:Barry Manilow、Howie.Rice 編曲:船山基紀
バリー・マニロウがその実力に惚れ込んだ西城秀樹のために書き下ろし、国際的なコラボが実現した53rdシングル。バリーの来日時には『夜のヒットスタジオ』(フジテレビ系)でデュエットを披露したことも話題を呼び、オリコン10位のヒットを記録しました。洋楽に寄せた船山アレンジはバリーからも評価され、修正は一切ありませんでした。

03.「夏の誘惑」西城秀樹(1988)
作詞:なかにし礼 作曲:井上大輔 編曲:船山基紀
ハリウッド黄金期のスクリーンテーマを思わせるゴージャスなオーケストレーションとロマンティックなボーカルで今なお多くのファンを魅了し続けている人気曲。今回の特集には約50曲に及ぶリクエストが寄せられましたが、その中で最も多くの票を集めたのが本作でした。オリコン最高94位。

04.「序曲・愛」野口五郎(1981)
作詞:伊藤アキラ 作曲:三木たかし 編曲:船山基紀
船山さんは70年代後半から80年代前半にかけて新御三家のアレンジも多数担当。なかでも野口五郎とは79年のアルバム『ラスト・ジョーク』(全作曲:筒美京平)のLA録音に参加するなど、濃密な仕事をしており、現在も親交が続いています。37thシングルの本作はファンの間で特に高い人気を誇るバラード曲でオリコン47位をマークしています。

BGM.「Heartbeat」Priere(2003)
日本語詞:相田 毅 作曲:Thomas G:son、Henrik Sethsson 編曲:船山基紀
Winkの「愛が止まらない」(88年)をはじめ、洋楽カバーの編曲も数多く手がけている船山さんですが、本作もその1つ。スウェーデンの音楽グループFriendsのヒット曲「Listen to Your Heartbeat」(01年)の日本語カバーで、2002年に結成された5人組女性アイドルグループのデビュー曲です。テレビ東京系アニメ『デ・ジ・キャラットにょ』のオープニングテーマに起用され、オリコン39位のスマッシュヒットを記録しました。

05.「フリージアの雨」荻野目洋子(1985)
作詞:松本 隆 作曲・編曲:船山基紀
70年代の山口百恵から、2010年代のKing & Princeまで、あまたのアイドルと仕事をされてきた船山さんは、荻野目洋子プロジェクトでは5曲の作曲も担当。本作は2ndアルバム『フリージアの雨』(オリコン最高26位)のタイトルチューンで、メロディックな楽曲ですが、実力派の彼女は見事に歌いこなし、船山さんにとっても印象に残る作品となりました。12月16日発売の作品集には船山さんが作曲を手がけた作品が2曲収録されますが、そのうちの1つが本作です。

06.「いちばん哀しい薔薇」Wink(1990)
作詞:及川眠子 作曲:鈴木キサブロー 編曲:船山基紀
オリコン1位を獲得した7thシングル「Sexy Music」のカップリング曲。作詞を担当した及川によると、もともとA面用に制作された楽曲ながら、諸事情によりAB面が入れ替わったとのこと。但し、船山さんは「シングル用」「アルバム用」といった依頼を受けておらず、他のWink作品と同じようにアレンジをしたといいます。ファンの間では名曲との呼び声高く、12月16日発売の作品集にも収録されることが発表されています。

BGM.「コバルトの季節の中で」沢田研二(1976)
作詞:小谷 夏 作曲:沢田研二 編曲:船山基紀
74年に編曲家デビューした船山さんがキャリア初期に手がけた沢田研二の17thシングル。最初はフォーク調のアコースティックなサウンドに仕上げたところ、ディレクターの木﨑賢治からNGを出されたため、いま世に出ているアレンジで再録音されました。その後は「勝手にしやがれ」(77年)など、多くのジュリー作品の編曲を手がける船山さんですが、ヒットメーカーの木﨑や、ジュリープロジェクトのメインコンポーザーだった大野克夫から多くのことを学んだといいます。オリコン最高7位。

07.「風の大地の子守り唄」黛ジュン(1980)
作詞:阿木燿子 作曲:宇崎竜童 編曲:船山基紀
黛ジュンのソニー移籍第1弾シングル。ちあきなおみが歌った映画『象物語』の主題歌を黛がカバーし、オリコン32位のヒットとなりました。プロデューサーはベテラン歌手の再生に長けたヒットメーカーの酒井政利。船山さんはヒットの極意を酒井から学んだそうですが、この時も妥協を許さない酒井から「もっとサファリっぽいイメージに」と指示され、再レコーディングしたといいます。

BGM.「ひとり」中島みゆき(1984)
作詞・作曲:中島みゆき 編曲:船山基紀
オリコン5位まで上昇した中島みゆきの15thシングル。デビュー曲の「アザミ嬢のララバイ」(75年)以降、「時代」(75年)や「悪女」(81年)など、初期の主要作品のアレンジを多数手がけた船山さんですが、意外なことに本人との接点はあまりなかったとのこと。きちんと会話をしたのはTOKIO「宙船」(06年)の時だったそうです。

08.「恋人よ」五輪真弓(1980)
作詞・作曲:五輪真弓 編曲:船山基紀
船山さんにとって「大都会」(79年/クリスタルキング)、「フラワー」(99年/KinKi Kids)に次ぐセールスを記録した五輪真弓の18thシングル。もともと「枯葉」というタイトルで、シングルA面用の作品ではなかったため、48秒に及ぶイントロを付けるなど、自由にアレンジしたそうですが、その結果、後世に残る素晴らしい名曲が誕生しました。オリコン1位を獲得した本作は五輪最大のヒット曲となり、現在ではアジア各国でもカバーされ続けています。

<Informationコーナー>
10月10日発売「HAKONE駅伝讃歌~青春の襷」三田杏華
作詞:戸上寛子 作曲:芦田直樹 編曲:溝渕新一郎
『午前0時の歌謡祭』にもゲスト出演していただいたことがある音楽プロデューサー・若松宗雄さんの最新プロデュース曲。地元・箱根在住の詩人・戸上寛子が2006年に発表し、箱根駅伝ミュージアムに寄贈された詩をもとに若松さんが楽曲化し、10月10日にCDがリリースされました。昨年の台風で甚大な被害を受けた箱根町の復興のため、売り上げの一部が箱根町に寄付されるチャリティーシングルです。

歌謡ラジオ「午前0時の歌謡祭」 TOPに戻る

歌謡ラジオ「午前0時の歌謡祭」 記事一覧

歌謡ラジオ「午前0時の歌謡祭」
記事一覧

ラジオ歌謡選抜

disk union 昭和歌謡館